20代後半の借金

20代前半はさんざんなお金の使い方でしたけど、20代後半はもっと悲惨でしたねー
東京で当時付き合ってたコと同棲していましたけど、彼女は正社員で給料も安定していて、
生活費とか家賃とかかなり頼っていましたねー 一応形式上は折半にしていましたが、
家賃や光熱費を水増しして申告してましたからw 6万ぐらいだったのを8万円とか。
だから彼女が4万円出して自分が2万円しか出さないとか、そういうやりくりしてました。

当時を思い出すとかなり卑屈な性格だったし、自分に自信もなかったし、なんか悪循環の真っただ中でしたね。
もちろんキャッシングの額は増えていくばかりで、限度額いっぱい50万円を維持していく感じでした。
逆にあの当時に50万円までしか借りられなかって良かったです。。。もし200万円まで借りられてたら、
おそらく限度額いっぱいまで借りていたでしょうねー 変なプライドもあったし全額出してたかも。

しかし、あんな状態で生活するのは楽しくないってその時すごく実感したんですよね。
今は少し稼げるようにはなりましたけど、あの頃の貧乏性が残っていていまだにスーパーで半額のお惣菜しか買いませんもんね。
割引になっていないおかずはとても買えませんよ笑

スーパーの半額惣菜ばかり買っていたら嫌われますか?

こんな目を気にすることなく17時45分あたりからスーパーでちょろちょろしてましたね。
ほんと惨めな自分というか、気持ちも暗くて、なんであんな20代を過ごしてしまったんでしょうね。
たぶんすべて自分が悪いんでしょうけど、いろいろ甘過ぎる自分がいたので仕方なかったかもしれません。

若い時の借金

初めてカードローンを利用したのは、マルイのエポスカードでした。当時は金利がまだ高くてのちのち返すのが大変になりましたが、学生から1人暮らしのフリーターになって生活費が無くなってお金を借りることにしました。早朝からコンビニのバイトでもやって少しでも返済すればよかったんですけどね… 結局最初は数万円、それから利息を返すためにまたキャッシングして限度額いっぱいの50万円まで借りてしまいました。そこからがけっこう大変でしたねー

たしか毎月1万円を返す契約になっていたのですが、そのうち利息として取られるのが6000円だったかな。で、お金が無いのでまた1万円をキャッシング、とにかく何もしていないのに毎月6000円の出費が増えているわけです。当時の収入は15万円ぐらいでしたし、家賃と光熱費で10万円近くいってましたから、6000円はかなりでかかったですね。

そのあと正社員になってしばらくお金に余裕が出てきた時にまとめて返済しました。奨学金もずっと払ってたし、借金を完済出来た時の喜びってかなり大きかったのを覚えています。そのあと、従兄弟から紹介してもらった弁護士さんに頼んで過払い金請求して15万円ほど返ってきました。限度額が50万円までだったので少なかったですけど、弁護士さんいわく300万円ほど借りている人もいててその人の過払い金は数百万円とかになるみたいです。でもグレーゾーン金利が撤廃されていきなり訴訟の嵐になってカードローン会社もかわいそうだと思いますけど。。。

ただ、最近は金利も低くなったので前より利用しやすくなったのは良いことですね。銀行系カードローンは審査が厳しいけど12%とかの低金利のところもありますし。次回の記事でまた体験談を書こうと思います。